[エッセイ]プラシーボ効果を有効利用すれば人生は豊かになる

偽薬試験などでも有名なプラシーボ効果。何かと悪い意味合いのイメージをもっている方も大勢いると思います。ですが生活に取り入れることで、人生が豊かになることもあります。良い意味で自分を騙していきましょう。

スポンサーリンク
広告

思いこみの力は想像以上にすごい

プラシーボ効果とはプラセボ効果とも言われ、いわゆる「思い込みの力(暗示)」です。ある病気をもつ患者の方に、効果があるとして偽物の効果のない薬を「効果がある」として飲ませると、その病気が回復するというものです。特に、痛み・下痢・不眠に効果が出やすいとされています。

医薬関係ではプラシーボ効果は厄介で、本当に薬に効果があるのか、プラシーボ効果なのかを判別するために、「偽薬試験」を行う必要があります。このプラシーボ効果自体を医療分野に応用するべきとする医者もいる一方で、偽薬に頼ることで本来必要な医療から離れてしまうとして反対する医者もいます。

医学界も困惑させるこのプラシーボ効果ですが、良い意味で自分を騙すことができれば、あなたの人生はより良くなるでしょう。

自分を都合良く騙して人生を豊かにしよう

プラシーボ効果を生活に取り入れることで、今まで以上の力を発揮できます。一時期、大きな話題となった「引き寄せの法則」ですが、これもオカルト抜きに語れば、結局プラシーボ効果の応用です。成功イメージを具体的に続けていればプラシーボ効果で自信や積極性がつき、成功に結びつきやすいということです。

ザ・シークレット ロンダ・バーン著

また脳トレ後にIQが上がるのも、プラシーボ効果が大きいという研究結果もあります。

サプリメントクリニック サプクリ.jpより引用

http://supplementclinic.jp/?p=4236

脳トレによる効果は実は思い込みだった?!

今回の研究では、ジョージメイソン大学で50人を対象に2グループに分け、2種類のビラを配り、IQテストを行いました。1つ目のグループには脳トレと認知力向上に効果のあるトレーニングだと記載したビラを配り実験を実施。もう一つのグループには脳トレの事は一切記載せず実験に参加してもらいました。

(中略)

その結果、1つ目のグループはトレーニング後のテストで100点満点中5~10ポイント上昇し他のに対して、2つ目のグループはトレーニング後も点数にほとんど違いが出なかったと言います。

つまり、この結果から言えることは、脳トレはトレーニング内容以前に、脳トレ効果があると信じて思い込むことで脳が活性化するという事です。

ただ脳トレをするのではなく、「頭が良くなってる!!」と思い込んだ方が、脳が活性化されるということが分かったのです。

さらにプラシーボ効果に似た効果に、権威がある人に自信満々に話されると、どんなに荒唐無稽な話でも信じてしまうという「ハロー効果」というものもあります。自分の能力に自信を持って、スペシャリストだという自覚を持って会議に望みましょう。あなたの発言がハロー効果により説得力が増し、会議を有利に進める事が出来るでしょう。

またパワーストーンなどのツール、きっかけを使うことも一つの手です。オカルトちっくですが、本当に効果があると思い込めば、プラシーボ効果が得られます。ベンチャーで成功した社長や、それなりに出世している大企業の社員の手首をみると、高そうなパワーストーンが案外つけられています。

彼らはオカルトにはまるような方たちでは無いのですが、話を聞くと、それなりの地位になるとプレッシャーや不安、ストレスでパワーストーンや縁起物で気持ちを持たせるのだそうです。結局それもプラシーボ効果のうまい使い方だと思います。ただ、はまりすぎて悪徳業者にぼったくられないように、気をつけてください。

まとめ

  • 成功イメージを常に持って自信と積極性を身につける
  • 脳トレをするときやサプリメントを飲むときは、効果があると信じる
  • 自分のキャリアに自信を持って 会議などで発言する
  • パワーストーンや縁起物をプラシーボ効果を得るために活用する

プラシーボ効果や暗示は使い方次第で、今まで以上の力が出せます。自分を騙すことは、何も悪いことばかりではありません。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする