脳に良い奇跡のお菓子 ベスト3

脳や体にはお菓子が毒だって分かっていても、それでもお菓子を食べたい!今回は脳のためになるお菓子を紹介します。私も口寂しいときには、脳によいこれらのお菓子を食べます。

助手さん
こんにちは!! 助手です!!
トーコ先生
こんにちは。トーコです。今日は「脳に良いお菓子」というテーマでお話ししていきます。
助手さん
私、お菓子大好きなんですけど、お菓子ってやっぱり脳に悪いんですか?
トーコ先生
お菓子好きにはショックかもしれないけど、お菓子は脳にダメージを与えることが報告されているの。認知機能が低下すると報告されているものは、お菓子のほかにファーストフードや揚げ物などもそうね。
助手さん
脳を守るためには、お菓子を食べられないなんて嫌だよ…。お菓子がないと仕事ができないよぉ…。
トーコ先生
お菓子があっても、仕事はいつもしないでしょう…。
トーコ先生
でも、お菓子の中には脳に良いものもあるから、これを食べれば大丈夫よ。特に脳活性化に効果的なお菓子のベスト3を紹介するわね。
スポンサーリンク
広告

第3位 無塩クルミ

ナッツ系は脳に良い影響がある、オメガ3・6・9脂肪酸が多く含まれています。特にDHA・EPAの前駆体であるオメガ3脂肪酸(アルファリノレン酸)は、体内生成できないため食物から摂取する事が重要です。

クルミはナッツ類の中でもオメガ3脂肪酸が多く含まれており、その他のナッツ類に比べて脂肪酸のバランスが良いです。さらに多くのビタミン・ミネラルが含まれていることも、クルミが脳に良いとされる理由の一つです。

ただし、クルミは無塩のものを選ぶようにしましょう。塩で味付けされたものや、キャラメルなどでコーティングされたものは、塩分・糖分のとりすぎになってしまうので注意です。

助手さん
わーい、クルミやナッツは大好きだから、いっぱい食べちゃお!

トーコ先生
クルミを始めとするナッツはカロリーが高いから、食べ過ぎるとあっという間に太るわよ?

助手さん
あぅ…。

カリフォルニア産 生クルミ LHP 無添加 無塩 1kg

第2位 ダークチョコレート

チョコレートの原材料であるカカオには、テオブロミンや多くのビタミン・ミネラル類が含まれています。テオブロミンは集中力や思考力を高める覚醒作用や、カフェインよりも穏やかな興奮作用があります。

仕事中にコーヒーばかり飲んでカフェインをとりすぎている方は、30分ごとにダークチョコレートをひとかけら食べる方が、脳にも心にも良い影響が期待できます。

ダークチョコレートでも、カカオが70%以上のものを食べましょう。カカオの配合率が高い方が当然脳には良いのですが、80%以上になると甘味がほとんどなくなります。食べることに苦痛を感じてしまうと長続きせずに、また砂糖が大量に入った脳に悪いお菓子に戻ってきてしまいます。私は甘党ですが、カカオ70%のチョコレートならギリギリで美味しく食べられます。

トーコ先生
カカオは中南米やヨーロッパなどで、高価な薬として昔は扱われていました。同時に「神の食べ物」とも呼ばれていたことからも、その効果の高さが伺えますね。
助手さん
「神の食べ物」なら、いっぱい食べても大丈夫ですね!
トーコ先生
カカオの配合率が高くてもチョコレートはカロリーが高いので、当然食べ過ぎれば太ります。
助手さん
これもですか~!

大東カカオ スペリオール エクアトゥール 1kg (カカオ分70%)

第1位 ドライブルーベリー

ブルーベリーの脳に対する研究の歴史はまだまだ浅いですが、近年、記憶力やうつ状態の改善、強力な抗酸化力など驚くべき報告が続々でています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが脳神経機能に作用して、学習能力が向上します。さらに、強力な抗酸化作用はストレスから脳を守ります。健康によいビタミンやポリフェノールも多く含まれていますよ。

ブルーベリーの甘味は精製された脳に悪い白砂糖ではなく、当然天然のものなので安心しておいしく食べられます。ドライブルーベリーなら糖度もまして、甘いお菓子が大好きな方も満足できるはずです。

直接食べる以外にも、ヨーグルトやアイス、シリアルに入れたりもできるので、飽きずに美味しく食べることができますね。

助手さん
ブルーベリーって目にいいだけじゃないんですね。
トーコ先生
ええ。さらにアントシアニンは糖が効率よくエネルギーに代わるのを手助けするので、ダイエットにもいいのよ。
助手さん
ついに、いっぱい食べても太らないお菓子がキター!!
トーコ先生
何でも食べる量は程々にしなさい!!

ホール・ドライブルーベリー

ライバルが健康に悪いお菓子を食べている間に、あなたは脳によいお菓子を食べましょう。その差は、日に日に大きなものとなっていきます。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする