[サプリの怖いお話] サプリを大量服用する人は肝臓にも気をつけよう

サプリメントには大なり小なり添加物が含まれています。そして添加物は肝臓にダメージを与えてしまいます。肝硬変や肝臓がんなどの肝臓病を引き起こさないように、肝臓に良い栄養素をしっかりとるようにしましょう。

スポンサーリンク
広告

サプリメントは実は肝臓に悪い

助手さん
こんにちは!! 助手です!!

トーコ先生
こんにちは。トーコです。本日はサプリ愛好家にはちょっと怖いお話です。

トーコ先生
サプリメントは実は肝臓に負担をかけるので、大量に服用する場合は少しコツがいるんです。
助手さん
え!? 私、いっぱいサプリメント飲んでますよ?
助手さん
でも、なんで肝臓なんですか?
トーコ先生
まず肝臓の主な機能に「有害な成分を無害なものに変えること(解毒作用)」があります。
トーコ先生
サプリメントには多少なりとも肝臓に負担をかけるもの(有害成分)が含まれていて、それが長期間にわたって大量に服用したときに悪影響がでてしまう能性があるんです。
助手さん
お酒を大量に飲むとアルコール分解のために肝臓を酷使して、肝硬変なんかの病気にかかりやすいのと同じですね。
トーコ先生
お酒のアルコールなんかに比べれば影響は微々たるものですから、あまり心配し過ぎるのも良くないですけどね。

サプリメントが肝臓に負担をかけてしまう大きな要因は以下の2つです。

  • ハーブなどの成分に含まれてしまう微量な「毒性」
  • サプリ生成のため必要な添加物(合成ビタミンやタブレット上に加工する凝固剤、カプセルの原料など)

ハーブや漢方などの自然生薬は体によい成分と同時に、体に負担となる成分も少なからず存在します。用法に妊婦さんや子供は使用を控えるよう記載されているものが多くありますが、それは微小な毒性があるのためです。この毒性を無害な物質に変えるために、肝臓への負担が多くなるのです。そしてサプリを精製するときに必要な添加物も肝臓への負担になります。

当然これらの物質での肝臓への負担は微々たるもので、そこまで不安になるほどのものではありません。お酒などのアルコールの方が何倍も肝臓への負担となります。しかし、長年にわたって大量サプリを飲んでいる方、同時にアルコールなどの肝臓に負担をかけるものを飲んでいる方、肝臓がもともと弱い方などは少し注意が必要です。

肝臓を元気にして安心のサプリ生活を送ろう

助手さん
頭が良くなりたくてサプリメントを大量に飲みたいのに、病気になっちゃったら元も子もないですよ。
助手さん
飲み会が多くて、ただでさえ肝臓に負担をかけてるのに~。
トーコ先生
若いうちからそんなに不安にならなくても大丈夫だと思うけど…
トーコ先生
不安な方は、肝臓の機能を回復させる下記のようなサプリを摂るのはいかがですか。

オリヒロ しじみ牡蠣 ウコンの入った肝臓エキス

Nature’s Way, Thisilyn、肝臓サポートフォーミュラ

http://jp.iherb.com/pr/Nature-s-Way-Thisilyn-Liver-Support-Formula-100-Capsules/4545/?rcode=VQM318

上のオリヒロ製のサプリメントはしじみ、牡蠣、ウコンといった、東洋医学的に肝臓に良いもののエキスを抽出して作られています。飲み会が何かと多い私も愛用しているサプリメントです。

下のネイチャーズウェイ社製のサプリメントはミルクシスルといった、西洋医学的に肝臓の保護に有効な成分が含まれているハーブのサプリメントです。サプリ名となっている「シリマリン」は肝臓を保護、解毒して機能を高める物質です。

助手さん
体の中で頑張ってくれている肝臓さんを大事にしましょう。
トーコ先生
「解毒」という重要な役割をこなしている臓器ですからね。
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする