アーユルヴェーダのハーブ バコパで頭の回転向上

アーユルヴェーダで有名なバコパには、脳機能を改善させる大きな効果が期待できます。集中力や記憶力の改善が多くの研究で報告されており、是非生活に取り入れたいサプリの一つです。

スポンサーリンク
広告

バコパって何? どんな効果があるの?

助手さん
こんにちは!! 助手です!!
トーコ先生
こんにちは。トーコです。今日はインド医学に古来より伝わる、アーユルヴェーダでもおなじみのバコパのお話です。
助手さん
私、ハーブティー大好きなんですけど、そのハーブですか?
トーコ先生
ええ、そうよ。ちなみにアーユルヴェーダの意味は「生命の科学」を意味していて、はじまりはなんと紀元前5世紀ともいわれているの。そして、ハーブ医療は中国の漢方文化に大きな影響を与えたとされているわ。
助手さん
そんな昔から、使われているんですか?
トーコ先生
でも歴史だけじゃなく、効果もすごいのよ。

古来から用いられてきたハーブであるバコパですが、その効果はなんといっても脳内の血流量を増加させることにあります。脳内の血流を増加させることで、脳細胞に多くの栄養素(神経伝達物質)、酸素を取り込むことができます。これは脳活動のパフォーマンスが向上することを意味します。

つまり頭の回転を速める効果、短期記憶向上、記憶力・集中力の向上が期待できます。

また幸せホルモンのセロトニンを増加させることで、抗ストレス作用もありますので、不安で精神的に苦しんでいる方は大きな効果があるかもしれません。やる気も出て、憂鬱な気分から抜け出せるので、私も当然バコパは摂取しております。

副作用ですが、腹痛や下痢などを起こす方がまれにいるそうです。高血圧の方も摂取は控えた方がよいとされています。

助手さん
説明を聞いてるだけで、脳の血流が上がりそうですね。
トーコ先生
それは気のせいよ。

バコパのサプリ的 ☆重要度☆

BKP

バコパは脳内の血流を増加させることで、頭の回転をアップさせます。またセロトニンを増加させて、ストレスから我々を守ってくれます。できるだけ摂取した方が良いサプリメントですが、似たメカニズムをもつイチョウ葉などは効用がかぶるので、どちらか一方だけ摂取しましょう。

インターネット上の感想を見てみると、イチョウ葉よりもバコパのほうが効果を良く感じたと記載されている方が多い様です。私はそこまで大きな違いは実感できませんでしたが…。

またバコパは判断力などの「動」の効果をもつので、落ち着いて深くまで考えるための思考力に対してはあまり効果が無いように感じます。

助手さん
今度、優柔不断な友達に勧めてみようかな。私なんて5秒以上悩んだことないのに。
トーコ先生
(ただ考えてないだけなんじゃ…)

バコパ サプリメント選びのポイント

信頼のあるメーカーから選択するのは当然ですが、バコパの研究で処方されている量は基本的に300mgですので、その量以上は取れるものを選択しましょう。

あと国内メーカーでバコパのサプリを扱っているところを見たことがありませんので、海外メーカーのものを購入するしかないと思います。水処理装置の大手である「オルガノ」が、バコパのサプリを販売するとのニュースはなぜかあったのですが…。

ポイントまとめ

①300mg以上成分が配合されているもの

②信頼のあるメーカーのもの

おすすめサプリ

Himalaya Herbal Healthcare(ヒマラヤハーバルヘルスケア)

バコバ, 60カプセル

bako

http://jp.iherb.com/Himalaya-Herbal-Healthcare-Bacopa-60-Caplets/3687?rcode=VQM318

1カプセル中にバコパパウダー500mgとバコパ抽出エキス250mgの2種類の状態が含まれており、合計で750mgと成分は300mg以上含まれています。また原料にもこだわっており、添加物やグルテンは含まれていないオーガニックな状態のバコパを使用しています。

メーカーは一見どこ?という感じですが、ヒマラヤハーバルヘルスケア社はアーユルヴェーダの本場インドで、1930年から続いている老舗大企業です。独自で研究開発部門をもっており、200人以上の医師や科学者、薬草専門家がそこで研究を行っています。有名な医学ジャーナルにも論文を多数掲載しているほど、医学・薬学に信頼がおける企業です。

トーコ先生
今日はバコパの紹介でしたが、ローズマリーやレモンバームとかハーブティーとして飲まれているものの中にも、脳に良い影響があるハーブがありますよ。
助手さん
歴史あるものには、やっぱり大きな力があるんですね。トーコ先生も私よりずっと知識がありますし。
トーコ先生
それって、どういう意味かしら?

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする